旅行・地域

金沢駅東口のスタバに敬意。

11月26日(土)・27日(日)、

余命わずかと宣告されてホスピスに入った親戚に会いに行った。

場所は金沢である。

命の問題なのだから遠いなどとは言っていられない。

粛々と会いに行った。

この親戚のことは別の機会に述べるとして

初めて訪れた金沢の印象を書き留めておきたい。

 ※ ※ ※

正直言って驚いた。

古都とか、加賀百万石というイメージは皆無である。

金沢駅東口は「おもてなしドーム」という

なんともクールな広場となっていた。

Photo_2

以前、新築された京都駅を訪れたときに感じた

「これでいいのか?ニッポン」という自分のつぶやきが

ここでも聞こえた気がした。

例えば「さいたま新都心」ならいざ知らず、

世界に名だたる金沢がこれでいいのだろうか。

何が自分たちのコンセプトなのか分かっていない。

あそこも、ここも、画一化してしまう悲劇。

 ※ ※ ※

そんな中で、駅前のスターバックスだけが

古都の景観になじむべくデザインされていた。

アメリカ生まれのコーヒーショップが

日本の店舗より、「和」を大切にしてくれるとは。

皮肉な現象である。

Photo

残念ながらスターバックスに入る時間はなかったが

心から敬意を表したいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

所沢市民フェスティバル

10月29日(土)、30日(日)の2日間、

航空公園にて所沢市民フェスティバルが開催されました。

29日は快晴で暑いくらいの気候、

30日は曇りで夕方には雨がぱらつきましたが、

今年の人出は例年よりも多く感じました。

私は30日に行きましたが、

フリマでお気に入りのパジャマを200円でゲットするなど、

なかなか楽しく過ごせました。

見渡すかぎり、青空フリーマーケット。

サルビアが満開です。

Dsc03806

個性的な出店も結構あります。

これはおじさんが似顔絵を書いてくれるお店。

Dsc03808

市民バザールの道路では

地元のお店や市民のみなさんが露店を開いています。

おいしそうなものがいっぱいです。

Dsc03810

活気のあるお店には行列が出来ていました。

やはり商売は「声」と「見せ方」が大切ですね。

味はもちろんですが・・・

Dsc03811

食べなくても(節約モード)

にぎわっているだけで楽しくなってきます。

Dsc03812

なぜか高級車の展示。

懐かしいアメ車かな?(よく知らない)

Dsc03814

体力測定もやっていました。

中学生のころ、こういうのをやった記憶があります。

Dsc03815

子どもたちの遊び場も何だか楽しそう。

段ボールで作った電車と街です。

Dsc03817

機関車に引かれて広場をひとまわり。

子どもたち、うれしそうでした。 

Dsc03818

ミニライブ会場も盛り上がっていました。

私が通りかかったときはラップを歌ってました。 

Dsc03820   

というような、ごく一部の報告でスミマセン。

メインステージや、福祉コーナーなど、いろいろあったのですが

歩き疲れて、撮影していません(笑)。

所沢市民フェスティバルのスタッフのみなさま、お疲れ様でした。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小平市民まつりに行ってきました。

Dsc03755

快晴に恵まれた10月16日。

小平市民まつりを散策してきたので

Blog「多摩逍遥」にレポートをアップしました。

ほとんど写真ですが。

よろしければ下記リンクをクリック!

http://iwatch.tamaliver.jp/

2011年10月16日の日記をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川越市場でお買物!宿泊パック

川越市場(正式名称:埼玉川越総合地方卸売市場)は、築地のような大きな市場ではないけれど、地域の食を支える大切な市場です。

Dsc03321

この川越市場、毎週土曜日の午前中は一般開放されていて、見学や買物が自由にできます。普段の業務用以外に、一般向けに販売される商品もあり、クール宅急便も手配できます。生鮮市場の活気に触れてみたい人にはおすすめのスポットです。

そうそう、新狭山の国道16号線近くにある「ビジネスホテル若狭」さんでは、3月から「川越市場でお買物!宿泊パック」というサービスをはじめたそうです。金曜日の夜はホテルに宿泊でのんびりして、土曜日の朝は川越市場までクルマで送ってくれるという便利なパックです。このホテル、夕食の和食がものすごく評判のよいホテルなんですよ。市場だけではなく、これも楽しみですね。

川越市場から最寄りの西武新宿線南大塚駅まではタクシー券がもらえるとのこと。これもパックに含まれているそうです。市場で買物のあとは、西武線に乗って川越へ。そして小江戸散策なんていうのもいいですね。

気になるお値段はシングル8,880円(1名)、ツイン7,770円(1名)だそうです。宿泊して、風呂入って、夕食と朝食食べて、市場まで送ってくれて、最寄駅までのタクシー券ついて、これって超お得じゃありませんか!市場好きな人に奨めてみようと思います。

詳しい情報はここにアクセス!

http://www.wakasa-hotel.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

所沢MUSEのイルミネーション。

Muse20102011
冬はイルミネーションが美しい。
所沢駅西口ターミナルもなかなかきれいだが、
所沢市民文化センター(通称:MUSE)のイルミネーションが好きだ。
何でも光らせればいいというものではないけれど、
青く光る樹木の下を歩いていると不思議な感覚になってくる。
LEDのなかった時代には、体験できない空間美。
寒さに震えながら、わずかな時間、青い光を浴びて立ちつくす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉祥寺アトレにて「はりゅ」を聴く、など。

吉祥寺の駅ビルといえば、私の世代は「ロンロン」というのが常識でした。しかし、そのロンロンも今はなくなり、改装後は「アトレ」になりました。

きょうは会合で吉祥寺へ。この機会にアトレを見てみようと、館内を歩いてきました。ちょうど地下の「ゆらぎの広場」でライブをやっていました。

3

出演は「はりゅ」というバンドで、ギター、バイオリン、ボーカルの3人編成。オリジナルやカバーを聴かせてくれました。清潔感のある、いい感じのバンドです。



ボーカルのはるなさんがとても好感の持てる感じ。声もきれいで、歌もうまい!(あたりまえか)思わず30分のライブを全部聴いてしまいました。ポップスでバイオリンがあると、個性的になりますね。ギターもさりげなく上手かったです。
http://haryu.org

さて、ライブが終わり、おもむろにアトレ内を散策。かわいい雑貨屋さんやブティックが並び、女性たちが喜びそうな雰囲気です。昔の雑然とした、サブカルの匂いがした、あやしげなロンロンとは違います。きれいなのだけれど、すこしもの足りないというか、どこにでもある感じというか・・・これでいいのか?諸君(笑)

1

驚いたのはユニクロのレジにできた行列です。カール・ルイスでも10秒くらいかかるほどの長さです。ヒートテックが売れているし、本日は特別なセールだったようです。しかし、みなさんよく並びますね。行列に参加するのも楽しいのでしょうか。

Photo_2

アトレは結局、わたしのような中年男性(しかもお1人様)にはあまり落ち着ける場所ではなく、はやばやと退出しました。ついでにPARCOの前にあるクリスマスツリーを撮影しましたよ。歳末にかけて、街がきらきらしてきれいになります。すこし楽しみです。

みこころが てんでおこなわれるように ちでもおこなわれますように

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秩父夜祭のポスターを発見。

Dsc03250

所沢駅で「秩父夜祭」のポスターを発見しました。

先日まで暑い暑いと騒いでいたのに、もう冬本番ですね。

12月2日(木)が宵宮。前夜祭みたいなものです。

3日(金)が大祭。立派な山車が練り歩きます。

たくさんの人が集まり、随所に露店が出ます。

花火もどか~ん、どか~んです。

   ○

最近は土曜、日曜に日程を合わせてしまうお祭りが多いなかで

秩父夜祭は頑固に2日、3日を守っています。

神事としては、正しい姿勢だと思います。

   ○

わたしが子どもの頃は、凍りつくような寒い夜でしたが、

いまは当時に比べるとそうでもありません。

やはり温暖化、都市化が進んでいるのでしょうか。

人類の平安を願って、秩父夜祭に行きましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜、所沢まつりは無事に終了。

所沢まつりの会場を歩きまわり、

とても疲れたので昨夜はブログ書きをパス。

翌日、レポートを書いています。

さて、昨日の午後はサンバカーニバル、

山車の統一行動、特設ステージでのライブなど

随所でイベントが盛りだくさんでした。

地域のヒーロー「トコロザワン」のショーもありました。

午後9時に車両通行規制が解除されるまで、

所沢の市街地は別世界でした。

●サンバチームのリベルダージがやってきた

Photo

●華やかです。今年のテーマは「心臓の鼓動」とか。

Photo_2

●リズムがカラダに響きます。

Photo_3

●五年に一度しか見られない有楽町の山車です!江戸時代から当地に伝わる歴史的な山車で、市の重要有形文化財でもあります。

Photo_4

●歩行者天国の沿道は昔なつかしい縁日感覚です。

Photo_5

●ハンバーグ焼いてる人、某会社の結構偉い人です・・・

Photo_6

●所沢駅西口前の特設ステージではライブが続いていました。

Photo_7

●日が暮れてからの山車もいい感じ。お囃子の音が聞こえてきそう。

Photo_8 

たくさん写真を撮りましたが、このくらいにしておきます。

この所沢まつりを皮切りに、毎週時期をずらしながら、

川越まつり、入間万燈まつり、飯能まつりなどが行われます。

秋祭りの雰囲気が好きな方はたまらないシーズン。

ちなみにわたしは「焼きイカ」マニアです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奇跡的に晴れました!所沢まつりです!

朝まで雨だったのですが、

午前10時頃には晴れてきました。

奇跡的です。

さあ、所沢まつりです。

町内会の山車巡行を応援しながら歩きます。

●民謡流し

Photo

●鼓笛隊

Photo_2

●コミュニティ広場

Photo_3

●商工会議所屋台村

Photo_4

●クルマの露店

Photo_5

●山車で獅子舞

Photo_6

●子どもたち 

Photo_7

●フリーマーケット

Photo_8

●きれいなお姉さんが踊ってます

Photo_9

● 宮本町の山車

Photo_10   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武蔵小金井駅南口の近況。

若いころ、武蔵小金井に勤務先があった。わずか6年ほどだったが、非常に「濃い」日々を送らせてもらったように思う。その会社は経営危機に陥って、わたしが辞めた数年後に消滅してしまったが。

旧小金井街道とJR中央線の交差する踏切は、当時も「開かずの踏切」と呼ばれ、渋滞の元凶だった。最近は中央線高架化のおかげで、円滑な交通が確保された。地元にとってはありがたいことだろう。かつて分断されていた線路の南と北も交流が進むに違いない。

Dsc03041
中央線の高架の向こう(北口)に以前からある西友と長崎屋の塔屋看板が見える。こちら(南口)にはイトーヨーカドーとショッピングセンターが出来た。まだ駅前が整備中のせいか、どうも人の流れが落ち着かない。商業施設としては、もうすこしの辛抱だろうか。

Dsc03042
南口に昨年オープンしたショッピングセンター「アクウェルモール」。もともと地元で商売していたお店もあれば、チェーン店もある。撮影したのは日曜日の午後5時半くらいだが、もうすこし人がいてもいいような気がする。不景気のせいもあるか・・・

Dsc03043
モダンでおしゃれな駅舎が見えるタクシー乗り場。夕闇に包まれようとしているが、タクシーの運転士さんたちは長い客待ちに疲れているように見える。どこの駅でもそうだが、客待ちタクシーのアイドリングは環境によろしくないと思う。夏は暑く、冬は寒いから、仕方ないといえば仕方ないのだが。電気自動車の普及に期待したい。

Dsc03044
ターミナルの向こうには建設中の文化施設。隣はこじんまりしたショッピングセンター。通勤通学の人たちが足早に通り過ぎていく。文化施設でコンサートやイベントがはじまれば、少しは小金井以外から訪れる人も増え、街に活気が出てくるのだろう。今後に期待しよう。

それよりも気になるのは、小金井街道沿いの商店街だ。以前はにぎやかで表情豊かな商店街だったが、開発に歩調を合わせるように個人店が激減した。見渡せばほとんどがチェーン店である。こうなると以前のような「大売り出し」や「サンバカーニバル」も出来ないだろう。チェーン店は地元の振興など眼中にないからだ。組織化もしにくい。彼らは利益が上がれば商売する。儲からなければ撤退する。住民や消費者のコミュニティなど関係ないのだ。

駅前再開発という「夢」が実現しつつある今、その「影」の部分がわたしたちを包囲しはじめているのではないだろうか。これは武蔵小金井駅南口に限ったことではない。都心や多摩でよく見かける現象、ゴーストタウンへの入口なのである。誰もが、かつてコンビニだった廃墟のような建物を見たことがあるだろう。あれが結末だとしたら、あまりにも悲惨だ。

しかし、まだ遅くないと思う。地元を愛し、地元に存在し続ける店舗や消費者を大切にしなければならない。それこそ街づくり、地域振興の基礎だと思うのだ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)