ファッション・アクセサリ

話題の低価格ジーンズを買ってみた。

Dsc02131

アパレルの世界で盛り上がっている話題といえば、低価格ジーンズ。いわゆる激安ジーパン戦争が勃発しています。

最初はユニクロ(g.u.ブランドで990円)。次はイオンとダイエー(880円)。そして西友(850円)。現在もっとも安いのはドンキホーテ(690円)です。

食べるものにしても、着るものにしても、安ければいい!というものではありません。しかし、なぜそんなに安いのか、使い勝手はどうなのか、と、つい興味を持ってしまうのが広告屋の哀しいのサガとでも申しましょうか。

わたしは昨夜、西友のジーンズを買ってしまいました。ウチにはLeeのカッコいいジーンズがあるにも関わらず。

Dsc02132

本当に850円でした。しかも税込み。つまり本体は810円ということです。

選ぶときはまずウエストを決めて、自分に合った股下を探します。ちなみにわたしはウエスト85センチ&股下70センチ。ピッタリのものがありました。さすが日本人体型に合わせて企画されています。 これなら裾直し代金も掛かりません。

感触はすこし薄い感じがしますが、まあ温暖化の進む日本ですから大丈夫でしょう。履いてみると、ドライなガサガサする感じ。着ているうちになじむ範囲だと思います。縫製もまあ普通に仕上がっています。加工したのは中国か東南アジアでしょうが、特に首を傾げるようなところはありません。

洗って縮むのか、伸びるのか、すこし不安が残りますが、普段着としては自然に使えそうなジーンズです。安いなりに使えば満足度は高いでしょう。

しかし、これら激安ジーンズで、従来のメーカーやジーンズ専門店が苦境に陥りそうだという報道もあります。高級品、普及品、激安と、うまく棲み分けが出来ることを期待したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加藤ミリヤのアクセサリーに注目。

男性でも女性でも、アクセサリーを上手に使う人は魅力的である。そのポイントは、まるでカラダの一部のようになじませること。さらに、神秘性が感じられれば理想的だ。

20歳のシンガーソングライター、加藤ミリヤをご存知だろうか。本業の歌はもちろんのこと、わたしはこの人の美的感覚に注目している。すでにオリジナルファッションブランド Kawi Jamele (カウイ・ジャミール)を立ち上げ、斬新なアイテムを発表。さらに昨年はアクセサリーブランド Mirror by Kawi Jamele (ミラー・バイ・カウイ・ジャミール)を立ち上げ、みずからデザインした多彩なアクセサリーを世に送り出している。これがなかなか美しいのだ。

この Mirror by Kawi Jamele がファミマ・ドット・コムで買えるようになった。ファミマ・ドット・コムは、コンビニ「ファミリーマート」のインターネットショップ。エンターティメント系に強みを発揮しているサイトで、近くのファミリーマートで商品の受け取りや決済ができるなど、インターネットとリアルを結ぶ便利さをウリにしている。ちなみにファミマ・ドット・コムについては http://www.famima.com/top/CSfTop.jsp をどうぞ。

感性の最先端をいく加藤ミリヤのアクセサリーブランド Mirror by Kawi Jamele をファミマ・ドット・コムで買う。これは結構おしゃれなショッピングになるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)