« 12月5日夕方の雲 | トップページ | 大蛇型の地震雲。 »

金沢駅東口のスタバに敬意。

11月26日(土)・27日(日)、

余命わずかと宣告されてホスピスに入った親戚に会いに行った。

場所は金沢である。

命の問題なのだから遠いなどとは言っていられない。

粛々と会いに行った。

この親戚のことは別の機会に述べるとして

初めて訪れた金沢の印象を書き留めておきたい。

 ※ ※ ※

正直言って驚いた。

古都とか、加賀百万石というイメージは皆無である。

金沢駅東口は「おもてなしドーム」という

なんともクールな広場となっていた。

Photo_2

以前、新築された京都駅を訪れたときに感じた

「これでいいのか?ニッポン」という自分のつぶやきが

ここでも聞こえた気がした。

例えば「さいたま新都心」ならいざ知らず、

世界に名だたる金沢がこれでいいのだろうか。

何が自分たちのコンセプトなのか分かっていない。

あそこも、ここも、画一化してしまう悲劇。

 ※ ※ ※

そんな中で、駅前のスターバックスだけが

古都の景観になじむべくデザインされていた。

アメリカ生まれのコーヒーショップが

日本の店舗より、「和」を大切にしてくれるとは。

皮肉な現象である。

Photo

残念ながらスターバックスに入る時間はなかったが

心から敬意を表したいと思った。

|

« 12月5日夕方の雲 | トップページ | 大蛇型の地震雲。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金沢駅東口のスタバに敬意。:

« 12月5日夕方の雲 | トップページ | 大蛇型の地震雲。 »